セラミス グラニュー 室内園芸用土 約7.5L(3kg)の評価

私は観葉植物としてドラセナ・マッサンゲアナを育てています。

以前別の観葉植物を育てていたところ水のやり過ぎで根腐れさせてしまったので、そういった難しい水やり加減から開放されたくてこのセラミスグラニューを買いました。

土というよりどちらかというと「細かい石」に近いです。石のように硬いです。見た目は濃い肌色なので土の塊にも見えますが直感的には石です。

seramis granulat

私は7.5リットル3kgのものを買いました。7号鉢に入れましたが1/3ほど余りました。余った分は保管できます。

他の土と比べて明らかに割高だと思います。これから詳しく書いていきますが根腐れというものから完全に開放されました。セラミスグラニューを導入して1年経ちましたが完全にこの土を選択したのは当たりでした。

水を毎日あげて深皿に水が常時たまっていても根腐れしない

私は7号鉢にセラミスグラニューを入れています。そして水が下からこぼれないように7号鉢用の深皿を敷いています。深皿の高さは5cmくらいです。

つねに深皿に水が貯まるようにしています。それでも根腐れしません。

特に冬の間もほぼ毎日水やりをしていましたが、結局根腐れしないで1年経ちました。

水が少し減ったと感じたりしたらすぐ水をあげるようにしていても大丈夫です。

ハダニ対策として浴室でシャワーをかけても土がこぼれない

いわゆる普通の土であると観葉植物を浴室にもっていってシャワーをかけるというのは抵抗があるでしょう。

水で土がこぼれて鉢の外に土が出てしまい、排水口に入って行ったら詰まらせてしまうかもしれません。また浴室に土が広がるのも衛生的ではありません。

ですがセラミスグラニューならシャワーを高い水圧でかけても土が漏れ出しません。

なぜ浴室でシャワーを掛ける必要があるかというと、ハダニを撲滅させるためです。

普段から霧吹きで葉を湿らせていてもハダニは完全に撲滅させることはできません。また薬剤を使用してもすぐに耐性をつけてきますし、キンチョールなどのスプレーにたいしてもすぐに耐性をつけてきて全く効かなくなってきます。

こうなったら浴室で水シャワーを最大限の水圧でかけて吹き飛ばすことが最も効果的です。葉から幹、そして鉢の表面も含めてシャワーの水圧で一掃します。そうするとハダニはほぼ出てこなくなります。出てきたらまた浴室でシャワーです。

このときにセラミスグラニューだとシャワーをしても土がでてこないのでいいのです。

他の土と比べて圧倒的に高いですが、根腐れを木にする水やりから開放されることと、ハダニ対策としてシャワーで丸洗いできてしまうメリットを考えると安いものです。