パナソニック 電話機 子機1台付き VE-GD35DL-Aの評価

使っていた電話機が15年以上前のものであり、子機との間がアナログ通信で暗号化されず簡単に盗聴されてしまうタイプのものだったので今回電話機を新調しました。

価格.comやAmazonなどで売れ筋である2015年発売のVE-GD24DL-Wは確かに安いのですが、親機に電話帳機能がない上に、できれば発売されたばかりの新しいものをということでこちらは2016年発売とかなり新しいものだったので購入しました。

長く使う予定なら親機はコード有りの方が長持ちする

最近は親機の受話器がコードレスになっているタイプがでていますが、あのようなタイプは充電式であるため長期間使っていると電池が弱ってきて何度充電しても、受話器を取った瞬間にすぐ電池が切れるようになってしまいます。

5年以内に買い換える予定ならいいと思いますが、固定電話機はそこまで頻繁に買い換えるものではありませんし、10年以上長く使うことを想定しているのなら親機だけは受話器とコードでつながっているタイプを選んだほうがいいです。

コードレスなのは子機 親機の受話器はコードで本体と接続

この製品のタイトルには「コードレス電話機」とありますが、親機の受話器は本体とコードで接続されています。コードレスなのは子機です。コードレスでない子機なんか存在しないと思うので、この電話機は親機はコード有り、子機はコードレスというとても一般的なものです。

デジタル子機なので盗聴の心配なし

最近の電話機はすべてデジタル通信で子機と接続されます。これは暗号化されているので盗聴はできません。

昔の電話機はアナログで子機と親機の間で無線通信しており、これは暗号化もされておらず、子機をとると近所の人の通話が聞こえてきたりすることが普通にありました。これは逆に自分たちが子機を使っていると近所の誰かに聞かれているということでおそろしいものであり、もしアナログタイプの子機を使う電話を今使っているのならデジタル型の電話機に買い換えるべきです。

もちろん本製品もデジタル子機です。

VE-GD24DL-Wにはない電話帳機能がこの製品にはある

価格.comの売れ筋としてVE-GD24DL-Wという製品があり確かにやすいのですが、VE-GD24DL-Wには親機に電話帳機能がありません。

私は電話帳機能をすぐ使う予定はありませんが、必要になったときに無いと不便なので電話帳つきの本機種にしました。

通話中に録音開始しても通話の初めから録音できる

この機能はありがたいです。通話中に、この通話録音しておきたいなと途中で判断して録音を開始すれば、電話を取った最初から通話を録音できます。

ただしこの機種は録音時間が12分と少ないので、12分を超える通話だとすべてを録音しきれません。パナソニックのさらに上位の他の機種では50分以上録音できるものもでています。

子機には自動充電式の電池が付属しており自分で取り付ける ニッカドなので携帯電話より安全

携帯電話の電池というのはたいていリチウムイオン電池であり、リチウムイオン電池はサムスンの炎上事件のようになる可能性があります。

ですがニッカド電池ならあのようなことはまず起こりません。

それはニッカド電池はエネルギー密度がリチウムイオン電池に比べてはるかに小さいからです。

本製品は専用のニッカド電池が付属しています。子機の裏蓋を空けて、自分で差し込むことで子機の使用準備ができます。工具はいらないのでそこまで難しい作業ではないです。

ニッカド電池にはわずかながらすでに充電されていますが、かろうじて子機の電源がオンになるレベルなので、買ったらまず充電を開始します。充電にはけっこう時間がかかります。このように充電に時間がかかることは、急速充電ができてしまうリチウムイオン電池よりも安全だということを意味するので逆に望ましいことです。

電話線が付属している

壁の電話線接続口と、電話機を接続するための電話線が付属しています。もうかなり電話線が老朽化していたのでこの際付属していた新しいものに取り替えました。

買ったらまず時刻を正確に設定

電源コンセントを入れると時刻設定が始まります。この時刻設定は正確にやっておいたほうがいいです。着信履歴は時刻とともに記録されるので、時刻が正確なら着信した時刻も正確にわかって便利だからです。

買った時点では非通知拒否になっていない まず非通知拒否に設定

ここが重要です。このような迷惑電話防止機能が充実している電話はまず非通知拒否の設定をオンにしないとメリットをほとんど享受できません。買ったら#108を推して非通知拒否を設定します。非通知電話がかかってくると着信履歴には残りますが音はなりません。また非通知着信があった瞬間は親機や子機のディスプレイが一瞬光ります。

非通知拒否の他に0800、0120拒否も設定 かなり電話が静かになる

他にも営業電話でよく使われるフリーダイヤルを禁止することができます。これも禁止しておくと電話が本当に静かになります。

これも初期設定では拒否しないようになっているので、買ったら拒否しておくといいでしょう。

またナンバーディスプレイの契約が必須なので、ナンバーディスプレイを契約していない人はNTTの公式ウェブサイトから申し込みをしておきます。申込みをすれば1時間もせずにすぐ使えるようになります。工事費2000円となってますがNTTの人が家にくるわけではありません。システム手数料のようなものです。

クレジトカードとネットで申し込める環境があればすぐナンバーディスプレイを開始できるので、電話機を買ったあとにナンバーディスプレイの契約をしても十分間に合います。