Windows7のタスクマネージャで1分間隔でタスクを起動する方法

Windowsにはタスクマネージャがついていますが、これはWindowsXPとWindows7などで設定の仕方が異なります。

今回はWindows7版のを解説します。これはおそらくWindows8でも同じだと思います。

まずタスクのプロパティを開きます。

全般タブ

ここはユーザーがログオンしているときのみ実行

最上位の特権は不要です

トリガータブ

ここが重要

まず「毎日」にする。

開始日は適当でOK。時間はわかりやすいように0:00

タイムゾーンにまたがってのチェックボックスは外す

間隔は1日

詳細設定も重要です。

遅延時間を指定するは何もせず。

繰り返し間隔にチェックし、ここを「1 分間」にする。2分や1時間がいいときは適宜変更。

さらに「継続時間」が重要で、ここを1日間にすると24時間繰り返すようになる。0時から15時間だけ起動したいときは、15時間にする。

停止するまでの時間は何も設定しない。有効期限も設定しない。

操作タブ

ここで起動するプログラムを指定する。

私の場合はここはvbsファイルを指定している。vbsにまとめて処理を記述し、パラメータもvbs内で指定する。タスクマネージャからのパラメータ指定もできるが、避けるべきです。