Visual Studio 2015のフルインストールに失敗する場合の対処

visual-studio-2015

Visual Studio 2015をフルインストールしようとして失敗したのでそれを解決したときの覚え書き。

まず私はXamarinから何から何までフルインストールするようにしている。あとから追加インストールするのが面倒だからだ。VisualStudio2015はフルインストールしようとすると100GBくらい消費する。

インストールの失敗はNuGet関連で発生する。VisualStudio本体とNuGetのバージョンが合わないというエラーなのだが、これはインストーラー自体は小さなプログラムで、中身はインストール時にダウンロードするタイプのインストーラーで発生する。

このようなインストール時に中身をダウンロードするタイプは、その時点で最新のものをダウンロードしようとする。そのため、ある部分と別の部分で整合性が取れないといったことがおこり、そのときにインストールエラーが発生してしまう。

これを解決するには、すべての構成部品の整合性が完全に取れているISOファイル形式のインストーラーをダウンロードすればよい。

以下のURLでマイクロソフト公式サイトからVisual Studio 2015のISOをダウンロードすることにする。

https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=48146

ここに進むと、以下の様な画面になる。

vs2015-install-1

ここで日本語になっていることを確認したらダウンロードを押す。

vs2015-install-2

そしてここで下段のISOファイルを選択する。上のexeファイルだと上述したようなエラーが発生することになる。

vs2015-install-3

あとは自然とダウンロードが始まるので保存してISOをマウントしてインストールする。

またISOからインストールすると更新を手動で充てなければならない。更新の通知がVisual Studioの右上にでているので、必要なものはすべて手動でインストールする。これで正常にインストールすることができる。