さくらのVPS for Windowsに接続したらまずESETのウイルス定義を最新にする

さくらのVPS for Windows ServerにはデフォルトでEset File Securityがインストールされています。

自前でEset Smart Securityなどを用意する必要はないと思います。

ですが初期状態ではウイルス定義ファイルが古いままであり、VPSにリモートデスクトップで入ったらすぐにウイルス定義ファイルの更新を確認すべきです。放っておいても勝手に開始されますが、明示的にやったほうがいいです。

私はEsetが最初から入っていることを知らなかったので、タスクマネージャのCPU使用率をみたらなぜか100%になっていたのでどのプロセスなのか見てみたらEsetの更新タスクでした。

初回のウイルス定義アップデートは累積的なのでかなり時間がかかります。

自前でウイルス対策ソフトをインストールしなければだめかと思っていましたが親切にも最初から入っていたので助かりました。

さくらのVPSは他のVPSとLANで物理的に接続されているようなので、踏み台にされる他のVPSにかなりの迷惑になるのでEsetを標準搭載にして安全性の確保を優先しているのでしょう。