引っ越し時も楽なパソコン用折りたたみテーブル

賃貸マンションで暮らしているといつかは引っ越すことを念頭に置いておいたほうが引越し時に楽です。

私がおすすめするのは天板を2つ折りにして脚も収納し、さらにカバンを持つような感じで手持ちの取っ手が付いているタイプのテーブルです。

人によっては座椅子を使って座卓の上にパソコンを置いたり、あるいは通常の椅子をつかっていわゆる”デスク”の上にパソコンディスプレイを置いている人もいると思います。

折りたたみテーブルには脚の長さが37cm(あるいは40cm)と、70cmとで調節できるようになっているタイプが非常に多くあり、いくつかのメーカーから出ています。

メーカーごとに脚の長さや奥行きが微妙に違うので、それについて各商品をまとめておきます。

ノートパソコンを置くだけの人におすすめ
横幅90cmx奥行き60cm

テーブルの上にはノートパソコンしか置かない人向けです。ノートパソコンを置いて、あとはマウスや書籍・ノートを置くくらいのスペースです。

ただ外付けのキーボードを設置するとなると手狭になります。キーボードを置く人は奥行き80cmのものにしたほうがいいです。

もちろん、デスクトップPCの液晶ディスプレイを置いてその手前にキーボードを置くパターンでも手狭になります。

単にノートパソコン+本やノートを広げるくらいだったらこの90x60で十分です。

ノートパソコンを置いて、その画面を見つつ、手元のレジュメを見ながらオンライン授業を受講するといった用途にも使えます。

横幅は90cmなので、ノートパソコンの他にもうひとつディスプレイを置くとなるとかなりギリギリになってしまいます。

色はこのモダンブラウン以外にもいくつかあります。

ノートパソコン+拡張ディスプレイを置く人におすすめ
横幅120cmx奥行き60cm

ノートパソコンの画面だけではせまいので拡張ディスプレイを置いたりする人には横幅120cmがおすすめです。

ただこの場合でも、デスクトップPCの液晶ディスプレイ+キーボードを設置するとなると手狭になります。

あくまでもノートパソコン+拡張ディスプレイまでです。

液晶ディスプレイとキーボードを置く人におすすめ
横幅120cmx奥行き80cm
高さは座卓の37・40cmと通常椅子用の70cm切替可能

デスクトップPCの液晶ディスプレイと、さらにキーボードを置いて作業するのなら奥行きが80cmあるテーブルがおすすめです。

最低でも70cm必要です。

目から液晶ディスプレイまでの距離を長くとるためには70cmでも少し足りないくらいです。

80cmあればEIZOの1920x1200ディスプレイを置いて、その手前にRealforceAll30gキーボードを置いて、さらに十分に肘をつけるスペースがあります。

キーボードを打鍵する際の指への負担を軽減するには、肘をしっかりとテーブルの上に置くことが重要です。そのためには最低でも奥行き80cmのテーブルが必要だということです。

しっかり目から液晶ディスプレイまでの距離を確保しつつ、キーボードを疲れずに打つためのスペースを確保するなら奥行き80cmのテーブルをおすすめします。

おすすめは37cm高のもの

先程紹介した120x60cmのテーブルは、座卓として使うときの高さが40cmあります。

座椅子+座卓として使うには、高さ40cmだと少し高すぎます。どちらかというとソファ+ローテーブルとして使うときの高さが40cmであり、テレビの前に置いてカップや軽食類を広げるのに適している高さです。

勉強をしたりパソコンで作業をするには37cmの方がいいです。

そこでテーブルの高さを低い設定にして、座卓として使うのなら40cmではなく37cmに設定できるこちらのテーブルの方が適しています。

色はブラックとブラウンがあります。