ビットコイン・ウォレットElectrumのインストール手順

私自身が実際にビットコイン使用環境を導入したときの手順を覚え書きとしてまとめておきます。

現時点ではパソコン格納型のビットコイン・ウォレットとしてはElectrumを使っておけば間違いなさそうです。

公式ページからStandalone Executableファイルをダウンロード

まずElectrum公式ウェブサイトで本体をダウンロードします。

https://electrum.org/#download

私はWindowsしか使わないのでWindowsバージョンです。

この3つの中でStandalone Executableのファイルをダウンロードします。

Portableバージョンは、他のPCにElectrumを移すだけで簡単にビットコインウォレットが移せてしまうので危険です。絶対にPCを触れるのは自分だけだということが担保できるようだったらPortableバージョンでもいいかもしれません。

ダウンロードするとこのようなファイルが手に入ります。

初回起動時は各種設定を行わなければならないので、以下、今までElectrumを使ったことがなく初回起動であることを前提として記載していきます。

初回インストール作業

まず以下のようにウォレットファイルを選ぶ画面がでてきます。

初めて使うときは当然ウォレットファイルはないので、このままNextを押してウォレットファイルを作成します。既に持っているならChooseからファイルを指定します。

ここではそのままNextを押します。

次はどのような種類のウォレットを作るか選択しますが、ここではStandard walletでいいでしょう。Wallet with two-factor authenticationではワンタイムトークンなどを使って二段階認証をするものでよりセキュアにしたものです。

その下のMulti-signature walletは署名が複数あるということで、これは複数の鍵を使うことでよりセキュアするものです。

一番上のStandard walletのままNextを押します。

次にSeedの作成です。Seedというのはメルセンヌ・ツイスタのような乱数生成器でも使われますが、自分だけの秘密鍵・公開鍵のペアを生成するための初期値のようなものです。このSeedが他人と違うからこそ他人のウォレットと違う秘密鍵と公開鍵が生成できます。公開鍵からはこのSeed値を逆算して求めることができないのもポイントの1つです。

ここでは初期インストールということで一番上のCreate a new seedを選択します。

すでにSeed値を持っている場合はその下のI already have a seedを選択。Seedを使わずに、直接公開鍵と秘密鍵をインプットしたい場合はその下のUse public or private keysを選択。ハードウェアに格納された値を使う場合にはその下のUsea hardware deviceです。

白い囲みの部分に英単語が12個出てきます。ここではその英単語は消して掲載しています。この英単語を紙にメモるよう指示が書いてあります。

この12個の英単語は絶対に紛失しないようにしなければなりません。忘れたら終わりです。だから手帳なり紙にメモして永久保存しておくわけです。

この英単語は英単語が並んでいる順番にも意味があります。つまり順序も情報の一つです。単に英単語を12個言えるだけでは足りず、しっかりその順番も間違えずにメモしなければなりません。

もしパソコンが故障してもこの12個の英単語さえメモしておけば、完全にビットコインウォレットを復旧させることができます。

WARNINGの部分に注意書きとして書いてあるのが、英単語を絶対に他人に教えないこと、ウェブサイトで公開しないこと、電磁的記録(つまりメモ帳でパソコン上にtxtファイルとして保存するなど)はしないことの3つです。

この12個の英単語は一応簡単にコピペできるようになっているので、やろうと思えば簡単にメモ帳などにペーストしてtxtファイルとして保存できてしまいますが、セキュリティ上の観点からするとそれはやるべきではありません。しっかり紙に書いておくべきです。

英単語をすべてメモしたらNextを押します。

先程の12個の英単語が正しくメモできているかの確認です。空欄の部分に英単語を12個打ち込みます。英単語の間は半角スペースです。

正しく打ちこむことができればNextで次に行けます。

次に秘密鍵を暗号化するためのパスワードを入力します。パスワードを入力せず、秘密鍵を暗号化しないこともできます。勿論暗号化することをおすすめします。

パスワードを入力してNextを押すと鍵の生成が始まります。

生成が完了すると以下のように使用開始の準備ができます。