HDDやSSDやUSBメモリSDカードを捨てるときにはツールで完全消去

SDカードやUSBメモリを捨てたり他人に貸したりするとき、セキュリティ上の観点からしっかり削除をする必要がある。

なぜならファイルを消しただけでは実際には消えていないからだ。ツールを使えば簡単に復元できてしまう。

撮った写真を入れていたUSBメモリを消して、知人に貸す。それだけでは知人は簡単にその写真を復元してみることができてしまう。

完璧に消したいのならDBANがおすすめ。

DBANはまずイメージファイルをダウンロードしてきて、それをCD-RなりDVD-Rに焼く。

それをドライブに入れたまま再起動して起動。あとはコマンドに従ってドライブごと削除する。

DBANを使うと未フォーマット状態になるので、再びドライブとして使うときはフォーマットし直す。

でもそこまでやりたくない、OS再起動までやりたくない、他の作業をしながら完全消去したいという人にはFile Shredderがおすすめ。

File Shredderは再起動しなくてもWindows上で使える。Fred Free Disk Spaceをすれば開いている領域を完全消去してくれる。

たとえばUSBメモリに写真が入っていたとする。これを全て消したい。まずは普通のやり方で写真を全て消す。その後にFileShredderのShred Free Disk Spaceをやる。そうすると復元できないように完全消去できる。

削除アルゴリズムはOnePassで十分。昔はDoD3などを使う必要があったようだが、今のSSDや数テラバイトのHDDならOnePassで完全に消えるようだ。