GoogleAdsenseで1クリック1000円を超えたサイトの特徴

先日、私が運営している他のサイトでGoogleAdsenseの1クリック1100円を超えることが初めて起こりました。

今までは1クリックで700円が最高だったので記録を塗り替えることにりました。

実はそのサイトは記事数が数個しかありません。そのサイトの特徴を客観的に分析してみました。

記事数は2つ 1日のユニークアクセス数は100程度

私が運営しているそのサイトはたった2記事です。去年の夏頃、他に書ける人がいない分野のサイトを作ってみようと思い立って作ってみました。

人口比でみるとそのサイトが作れるのは0.1%未満です。日本全国でみてもおよそ5万人くらいだと思います。

その分だけ書けるネタもあまり多くなく、2つ書いただけでそのサイトを更新することをやめてしまいました。

そして久々にそのサイトをアクセス解析をみてみたら1日で100程度のユニークアクセス数が集まっていたのです。たった2記事で1日に100人もくるネタは初めてでした。

もともとCPCは高めのサイト

CPCは1クリックあたりの収益額です。CPCが高めのサイトというのはアクセス数の絶対数はそこまで多くないことが多いです。

逆にアクセス数が多いサイトではCPCが低くなることを私は経験的に知っています。

そしておもしろいことに両者の絶対収益はあまり変わらないのです。

アクセス数が少なめでもCPCが高ければ絶対収益額は大きくなります。アクセス数が多くてもCPCが低ければ絶対収益はそこまで伸びないからです。

限られた人しか知り得ない情報を発信しているサイト

コンテンツというのはこれに尽きると思います。誰でも書けるような記事、誰でも書こうと思えばかけてしまうようなありふれた情報を提供しているだけでは競合サイトに勝てません。

逆に、極一握りの人しか知り得ない情報について記載しているサイトはそもそも競合サイトが存在しないのです。私が作成しているサイトは競合サイトが3つほどありましたが、それらはすべて聞伝えの伝聞でした。つまりその人達は当事者でないために直に情報を手に入れることができないのです。だからとても薄っぺらい内容になっており、濃度の高い情報を書ける私のサイトに軍配があがりました。

お金では獲得できない立場の人しか知り得ない情報を発信

私が作成したそのサイトで提供している情報は万人が手に入れられるものではありません。そしてその立場を得るためにはお金は必要ありません。むしろいくらお金を積んでも得ることはできないものであり、そこに価値があったんだと思います。

多くの人が知りたがっており憧れていることが重要

極一握りの人しか知り得ない情報だったとしても、それを求めている人も少なかったら意味がありません。

私が情報を得られるのがある特定の立場にあるからですが、その立場を得ようと必死に努力しているひとが非常に多く居ます。でもそれを成し遂げられる人は極わずかなのです。

ごく一部の人しか知り得ない情報を、多くの人が欲しているという分野が必要です。

時間の経過とともに陳腐化しないものを扱う

これはウェブサイト作成で最も重要なものだと私は思っています。たとえば2ちゃんねるのまとめサイトというのは1日に大量に更新をするというのを年中無休で続けているようです。外注しているにしても、外注してつくってもらったものをチェックして承認するなどの最低限の作業は行わなければなりません。このような自転車操業のようなサイトは走り続けていないとだめで、更新をやめたとたんに一気にサイトの価値が落ちてしまうものです。

私が作成しているのはそのようなサイトとは全く逆です。時間の経過とともに価値が失われない、とても古典的で価値が長続きするものを扱っています。多くの人は不労所得のためにウェブサイトを必死に作っています。自転車操業のように毎日必死に更新しなければならないサイトは不労所得とは言えません。一度作ったら100年は持続するような価値のある情報を提供することが重要です。