パーフェクトFP技能士1級対策問題集・学科編の評価

私は証アナに合格してるしリテールをやったこともやる予定もないので長らくスルーしてきた資格がFPなのだが、本屋で立ち読みしてたらFPというのは自分のプライベートなお金の問題においてとても有益な資格だということが判明。

他人に営業する気はないが、自分のために取るのならこれほどまで役立つ資格はそうそうない。というわけでFP2級金財の勉強を2ヶ月ほどやって昨年一発合格した。今まで取ってきた資格の中では最も対費用効果が高いと思う。というより生きていく上でこれらのことを知らずに生活していくのは悪い意味でのリスクしかないとも言える。

FP2級もとったことだし1級を取ってみるかと思い立って買ってみたのが7月発売のこの本。

まずFP2級と同じくFP1級も学科と実技に分かれているが、FP2級でいう学科+実技がFP1級では学科に一本化されている。

つまりFP1級の学科試験はFP2級の実技のような問題もふくめた丸一日試験になる。FP2級の学科は午前だけだったが、FP1級は午前も午後もセットで1つなので注意。

だからこの本は学科のみであるが分厚いものになっている。

でもFP1級は学科さえクリアすれば実技はおまけのようなもの。実質学科をクリアできるかどうかの資格である。だからこの本をクリアすればFP1級はクリアしたものといってOK。

この本とセットで買うべきものとして教本もある。教本には全部で6冊になっている本来の教本と、それを一冊に端折ってまとめあげた特訓テキストがある。でもこれらは問題集でわからなかったら買えばいいだろう。試験は過去問に始まって過去問に終わるというのが通説。この本が最もゴールに近い。